「東洋医学⑮」『蔵象説』

2019.09.19 | Category: 東洋医学

こんにちは!
セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

今回からは東洋医学の内臓観『蔵象説』についてご紹介していきます。

東洋医学では内臓は単なる身体の構成物質ではなく

生理的・病理的な現象、精神活動の中心と考えられています。

 

『蔵象説』の『蔵』は内臓を指し、

『象』は外に現れる生理的・病理的現象を意味します。

すなわち、人体の生理・病理現象の観察を通じて

各内臓の病理や相互関係を解き明かすのが蔵象説であり

臨床治療における根本となっているのです。

 

 

臓腑は生理機能によって

臓・腑・奇恒の腑の3つに分類されます。

臓は五臓のことで肝・心・脾・肺・腎があります。

五臓は主に精気(神気)を蔵している器官であり、生命活動の中枢となっています。

 

腑は六腑のことで

胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦があります。

六腑は水穀(飲食物)を受け入れたときに満ちる中空器官です。

水穀を消化して次の器官に送るとともに、水分の吸収・分配・排泄に関与しています。

 

奇恒の腑は

脳・髄・骨・脈・胆・胞宮(子宮)があります。

腑と違って消化吸収に関与せず、精を有する点で臓と似ているため

「奇恒(普通ではない)の腑」と呼ばれています。

 

 

以前、五行の際にもご紹介したのですが

臓腑は表裏関係にあり臓腑が一つずつ対になって

五行の一行に属しています。

肝と胆は「

心と小腸は「

脾と胃は「

肺と大腸は「

腎と膀胱は「

以上に属します。

 

これらの表裏関係にある臓腑は経脈で

繋がっていて変調を伝えやすくなっています。

 

次回からはそれぞれの臓の不調についてご紹介していきます。

陰陽五行論①

2019.09.13 | Category: 未分類,東洋医学

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院の鍼灸師の春日です。

これから数回に分けて、「陰陽五行論」をご紹介していきます。

皆さんは「陰陽五行論」についてご存知でしょうか?

陰陽五行論は東洋医学、鍼灸医学の中では切っても切り離せないものです。

どういうことかと言いますと、

鍼灸医学の理論を体系化するために用いた方法論が陰陽五行論なのです。

そして鍼灸の臨床で運用し、実際に治療効果をあげるうえで、

これ以上に優れた方法論はまだ生みだされていません。

それは、鍼灸の理論が形成されるための思想的な背景が、この陰陽五行論だったからです。

簡単に言いますと、

鍼灸の理論は陰陽五行論によって育てあげられてきたということです。

そして陰陽五行論は昔、「陰陽論」「五行論」に分かれていました。

陰陽論とは日が当たるか当たらないかということから発生してきた考え方です。

漢字でわかると思いますが、日が当たるのが「陽」であり、日が当たらないのが「陰」です。

陰と陽は相互に対立し、また相互に関連する事物の属性を代表しています。

一般的には、積極的に動くもの、外向的、上昇的、温熱的、明瞭なものなどはすべて陽に属します。

他方、相対的に静止したもの、内向的、下降的、寒冷的、あるいは暗いものなどはみんな陰に属します。

 

事物の陰陽属性は絶対的なものではなく、「相対的」なものです。

このような相対性は一定の条件下で相互に転化します。

陰は転化して陽になることがあるし、陽もまた、転化して陰になることがあります。

次回は「陰陽五行論②」をご紹介していきます。

どうぞ宜しくお願いします。

顎関節症について③

2019.09.10 | Category: 顎関節症

こんにちは!セドナ整骨院の河田です。

前回は顎の関節の雑音が2つのパターンがあるというお話をしましたね。

 

今回は「③顎の運動の異常」について、顎関節の構造、動きに関してを中心としてお話していきます。

 

復習ですが前回、顎関節の運動には大きく分けて二種類あるといいましたが覚えていますか。

滑走運動蝶番運動です。

 

顎の関節は下顎骨の両端に関節があるので

一方だけが動くということはなく、

片方が動くともう一方も必ず動きます。

関節頭(かんせうとう)」は「関節窩(かんせつか)」内で単に「回転」するだけでなく、

前歯の間が10ミリほど開くと、「関節頭」は「関節窩」の前の斜面に沿って

前に擦り出してきます。

この運動を「滑走運動(かっそううんどう)」といいます。

他の部位の関節には見られない特殊な運動です。

 

「関節頭」が「関節窩」内で「回転」する運動のことを、

ドアなどの”蝶番(ちょうつがい)“に例えて

蝶番運動(ちょうばんうんどう)」といいます。

 

関節頭が滑走運動をするときに、関節頭と関節円板の両方に咀嚼筋である

「外側翼突筋」が付着しているので、この筋の作用として

前方へ移動するのです。

 

このように複数の運動が連動しているため、顎は開け閉め、

前後や横の動きを作り出しています。

しかし、咀嚼筋の過度な緊張や関節円板のずれがあったり、

顎への何らかの衝撃があると運動異常がおこるのです。

 

運動は一つではないので、原因も多様にあります。

顎関節症かも?と思った方は上のような原因があるか参考にし、

確認してみてください!

 

鍼灸治療の作用②

2019.09.06 | Category: 鍼灸

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院の鍼灸師の春日です。

今回は鍼の作用の残りの作用とお灸の作用をご紹介していきます。

まず鍼治療の作用の復習として

・調整作用
・誘導作用
・鎮痛作用
・防衛作用
・免疫作用
・消炎作用
・転調作用
・反射作用

前回、防衛作用までご紹介させていただいたので、今回は免疫作用からご紹介していきます。

 

 

5つ目の免疫作用とは免疫能を高める作用です。

どういうことかと言いますと

外部から体内に侵入した細菌・ウイルスなど異物の排除をしてくれる細胞の働きを促してくれます。

6つ目の消炎作用は鍼治療によって

白血球(外部から体内に侵入した細菌・ウイルスなど異物の排除)が増加し、刺鍼部位に遊走します。

また血流改善により、痛みを引き起こす物質などの吸収を促進させ、生体の防衛能力を高める作用です。

 

7つ目の転調作用とは自律神経失調症やアレルギー体質を改善して、体質を強壮にするさようです。

 

8つ目の反射作用とは痛み刺激あるいは温熱刺激による反射機転を介して、

組織、臓器の機能を鼓舞あるいは抑制する作用です。

このような8つの作用をさまざまな症状に合わせて、

使い分けながら鍼灸師は鍼治療を行っています。

 

 

そして、最後にお灸の作用をご紹介します。

お灸は施灸後の血液像(赤血球、血色素量など)、血液凝固時間の短縮

あるいは循環系に対する作用が認められ、

増血作用止血作用強心作用があるとされています。

 

 

次回は「陰陽五行論」をご紹介していきます。

どうぞ宜しくお願いします。

「東洋医学⑭」

2019.09.03 | Category: 東洋医学

こんにちは!
セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

今回は『鍼灸治療』のうち、『灸治療』の効果や特性についてご紹介していきます。

『灸治療』は『鍼治療』と同様、身体に刺激を与えることで

恒常性維持機能(ホメオスターシス)

の反応を導き出し、病気の治療や予防を行います。

「鍼治療」が鍼によって機械的刺激を与えるのに対し

「灸治療」はもぐさによる温熱的刺激によって局所を温め

循環を改善することで効果を得ます。

 

 

「灸治療」に使用するもぐさはヨモギの葉から作られます。

ヨモギは殺菌・消炎・保湿効果に優れ

古くから止血用の薬草としても用いられてきました。
そのヨモギの葉の裏にある毛茸と腺毛がもぐさの主成分で

燃焼した際の独特の香りは腺毛に含まれる精油成分「チネオール」によるものです。

 

「灸治療」には直接灸間接灸の2種類があります。

直接灸は有痕灸とも呼ばれ、整体に強い温熱的刺激を与え

それに伴って生じる生体反応を治療に利用します。

間接灸はもぐさと肌の間に台座などを置き

心地よい温熱刺激で効果的な生体反応を与えます。

輻射熱による温熱刺激なので灸痕が残らないため扱いやすく、一般向けにも販売されています。

 

『灸治療』の効果は大きく分けて以下の3つに分けられます。

「増血作用」
赤血球・血色素料を増やし、血流を改善する

「止血作用」
血小板の働きを良くして血液凝固時間を短縮し、治療を促進する

「免疫作用」
心機能を亢進させたり、血管の収縮力を増強する

 

また、冷えを伴う症状にも効果があるなど、上記の効果以外にも様々な効果があります。

『灸治療』については、セドナ整骨院のHPの「一般施術」の「鍼灸治療」のページでも詳しくご紹介しておりますので、そちらも是非ご覧ください。

顎関節症について② 顎の関節の雑音

2019.08.31 | Category: 顎関節症

皆さんこんにちは!

セドナ整骨院の河田です。

 

前回は顎関節症の症状についてご紹介しました。

 

改めてもう一度ご紹介します。

①咀嚼筋の痛みと顎の関節の痛み

②顎の関節の雑音

③顎の運動の異常

④随伴症状

 

が挙げられます。

 

前回は①咀嚼筋の痛みと顎の関節の痛み

についてお話しました。

 

今回は「②顎の関節の雑音」について、

顎の構造を交えながらお話していきます。

 

顎の関節は側頭骨にある下顎窩と下顎の下顎頭が連なっています。

 

 

その間には、顎の動きをスムーズに行うためのクッションとしてはたらく関節円板という組織があります。

さらに関節の位置を安定させるための靭帯と、関節を動かすための筋肉(咀嚼筋)で成り立っています。

 

この関節は、蝶番運動(ちょうつがいのような動き)だけでなく、

前方への滑走運動(ずらすような動き)を伴うとても複雑に動いてくれる関節です。

 

関節の雑音は、顎関節のクッションとしてはたらく関節円板がずれることにより起こります。

顎の開閉時に下顎頭がその関節円板を乗り越えるときに起こる「カク」「ガク」というクリック音

また、顎の凹凸がこすれる時に起こる「ザラ」「ミシ」といったクレピタス音があります。

 

顎の痛みでお悩みの方がいらっしゃいましたらご相談ください!

 

次回は「③顎の運動の異常」についてお話します。

鍼灸治療の作用①

2019.08.29 | Category: 鍼灸

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院の鍼灸師の春日です。

今回は「鍼灸治療の作用」をご紹介していきます。

まず鍼治療の作用

・調整作用
・誘導作用
・鎮痛作用
・防衛作用
・免疫作用
・消炎作用
・転調作用
・反射作用

この8つの作用があげられます。

 

1つ目の調整作用とは組織に一定の刺激を与えて、その機能を調整する作用です。

その中でも興奮作用と鎮静作用に分けられます。

興奮作用は知覚の機能が低下していたり、

運動麻痺のような神経機能の減弱や内臓諸器官の機能低下に対して、

興奮させる作用です。

鎮静作用は疼痛などの異常に機能が興奮している病気に対して、鎮静させる作用です。

 

 

2つ目の誘導作用とは痛みの出ている部分に直接鍼を刺入するか、

または痛みの部分から遠い部分に鍼を刺入して、その部分の血管に影響を与えることで充血を起こし、

痛みの部分の血流を調節する作用です。

 

 

3つ目の鎮痛作用とは痛みを抑えてくれる物質(内因性モルヒネ様物質)や

下行生抑制系といわれる機能によって鎮痛を起こすさようです。

 

 

4つ目の防御作用とは白血球や大貪食細胞など血管ないに侵入して来た異物を攻撃する細胞を増加させることで、

各器官の治癒機能を促進させ、生体の防御能力を高める作用です。

 

 

次回は「鍼灸治療の作用②」で残りの作用とお灸の作用をご紹介していきます。

どうぞ宜しくお願いします。

顎関節症について①

2019.08.25 | Category: 顎関節症

皆さんこんにちは。
セドナ整骨院の河田です。
今回は「顎関節症」についてのお話をさせて頂きます。
まず顎の症状として一番最初に思い浮かぶもの、
それは顎関節症ではないでしょうか?
顎関節の診断として、
1.顎関節や咀嚼筋(噛む筋肉)等の痛み
2.顎の関節の雑音
3.開口障害、顎の運動の異常
が挙げられます。
このうち、ひとつでも該当すると、顎関節症に当てはまります。
■症状
顎関節症の主な症状として、次のようなものが挙げられます。
1.咀嚼筋の痛みと顎の関節の痛み
2.顎の関節の雑音
3.顎の運動の異常
4.合併症状 ※詳しくは今後話していきます
このうち、今回は「1.咀嚼筋の痛みと顎の関節の痛み」について紹介します。
まず、咀嚼筋の説明をします。
「咀嚼筋」という名前の筋肉なのではなく、
噛むための筋肉がいくつかあり、
それらを総称して「咀嚼筋」といいます。
・咬筋
・側頭筋
・外側翼突筋
・内側翼突筋
この四つになります。
私たちは物を噛んだり
顎を前に出したり横に動かしたりという動作が可能ですが、
これらの筋が役割を持って動かしています。
顎の関節の痛みには、咀嚼筋といわれる顎の
開閉運動をさせる筋肉の痛みと顎の関節の痛とがあり、
どちらも顎を運動させた時におこります。
口を開閉したときに痛みが出ることが殆どで、
動かしていないときに起こることはまれです。
割合的には関節よりも筋肉に痛みが出るほうが圧倒的に多いといわれています。
その痛みが筋肉なのか、関節なのかの判断も大切になってきます。
顎の関節についてわかりやすく、
すこし踏み込んだ内容についてもお話していきます。
次回も顎関節症についてご紹介していきます!

鍼灸治療について①

2019.08.24 | Category: 未分類

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院の鍼灸師の春日です。

今回は「鍼灸治療」についてご紹介していきます。

まず始めにどんな鍼を使用しているのかを紹介したいと思います。

上の写真のように「髪の毛」と同じくらいの太さのものを鍼治療では使用しています。

注射針の太さは約0.7~0.9㎜。

鍼施術で使われている鍼の太さは注射針の3分の1位の太さ0.14~0.34㎜

先端は丸まっていて、組織の間を縫って身体の中に入っていくようになっています。

注射針のように先が尖っているわけではありません。

皮膚を切って身体の中に入っていくわけではないので、痛みを伴うことは少ないです。

長さは約30~90㎜。

身体に刺す長さとしては身体の部位によって異なりますが

大体が約10〜30㎜です。

 

次にお灸についてです。

セドナ整骨院で使用しているお灸はこちらです。

この円柱のところに「もぐさ」という植物を乾燥させて固めたものが入っています。

もぐさはヨモギの葉から作られています。

主にヨモギの葉の裏面にある「毛茸」と「腺毛」からできています。

毛茸とはキク科植物などの葉に密生する白い毛のことです。

腺毛には揮発性の精油が含まれています。

精油の主成分はチネオールと言われるもので、燃焼によりもぐさ独特の芳香を発します。

その他には線維、タンパク質など有機物、類脂質、灰分、ビタミンB、ビタミンCなどを含んでいます。

 

 

次回は「鍼灸治療の作用」についてご紹介していきます。

どうぞよろしくお願いします。

2019年9月スケジュールカレンダー

2019.08.17 | Category: スケジュールカレンダー

こんにちは!セドナ整骨院:出口です!

暑い日が続いております。水分補給を忘れずどうぞご自愛くださいませ。

2019年9月のスケジュールが発表されました。
ご確認くださいませ。

☆★☆2019.9 スケジュール☆★☆

毎週水曜日はお休みとなります。

16日(月)、23日(月)は祝日の為、お休みとなります。

お間違えないようお気を付け下さいませ。

アクセス情報

所在地

〒260-0045
千葉市中央区弁天2-1-1 秋葉ビル1F

休診日

水曜・祝日