ホーム > Blog記事一覧 > 未分類の記事一覧

腸の健康③

2020.07.16

こんにちは!セドナ整骨院の前田です。

前回、「腸内環境を整えることの大切さ」についてお話をしました。

まずは簡単におさらいをしましょう。

 

小腸の中には約3万種、100兆~1000兆個の腸内細菌が存在しています。

重さにすると約1.5~2㎏もの腸内細菌が人の体内に生息しているのです。

腸内細菌はその働きから「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに分類されます。

腸内細菌叢は善玉菌:2割、悪玉菌:1割、日和見菌:7割の分布が理想だと言われています。

腸内細菌の多様性(腸内フローラ)のバランスが崩れてしまうと、以下の病気を引き起こすと言われています。

・神経疾患

・がん(大腸がん・肝臓がん)

・代謝疾患(肥満・糖尿病)

・炎症性腸疾患(クローン病・潰瘍性大腸炎)

・アレルギー(喘息・アトピー性皮膚炎・食物アレルギー)

・虚血性心疾患(動脈硬化)

・自己免疫疾患(関節リウマチ・多発性硬化症)

 

今回は、腸内フローラの多種多様性を保つのに非常に重要な働きをする「土壌菌」と「枯草菌」について詳しく紹介していきます。

 

「土壌菌」は土の中で生息する微生物の一種です。

土壌中には無限ともいえる数の多様な菌たちが存在しています。 

土壌菌は、土の粒子が舞う空気中にも浮遊しており特殊な菌というわけではありません。

納豆や味噌などの発酵食品にも含まれていて、大豆を発酵させる納豆菌も「枯草菌」という土壌菌の一種です。

また、腸内細菌の最大勢力である、日和見菌の多くが土壌菌であるということも最近の研究で証明されました。

土壌菌が含まれる大豆発酵食品を多く摂ることで、腸内細菌の7割を占めている日和見菌を増やすことができ、腸内フローラのバランスが改善され、心身ともに健康になると考えられています。

腸内環境には話題の土壌菌を!土壌菌の基礎知識と効率の良い摂取方法 ...

 

「枯草菌」は土壌菌の一種です。

土壌や植物に普遍的に存在し、哺乳類でも特に反芻動物やヒトの胃腸管に存在します。

枯れた稲わらなどに多く存在するため、「枯草菌」という名がつきました。

枯草菌は栄養分が枯渇すると「芽胞(がほう)」と呼ばれる休眠状態になります。

「芽胞」でいる間は劣悪な環境でも生き延びることができ、熱や酸、消毒液などに対しても耐性を示すことが知られています。

「芽胞」の状態で苦しい環境に耐えた枯草菌は、ふたたび環境が好転して栄養分を与えられると発芽し、増殖を始めます。

こうした性質から、「胃酸に浸かっても死滅せずに腸まで届く」という事が枯草菌の大きな特徴だと言えます。

セドナ整骨院グループでは、この「枯草菌」を手軽に摂取できるサプリメント『バイタレジーナ』を取り扱っています。

次回は枯草菌サプリメント『バイタレジーナ』について詳しく紹介していきます。

 

メディセル 筋膜療法

2020.07.06

こんにちは!千葉駅前院の出口です。


梅雨前線の停滞で九州を中心に大雨の被害が出ています。被害に遭われた方の事を考えると、とても心が痛いです。


先日、千葉駅前院に最新の医療機器である

筋膜リリース専用機器「メディセル」が届きました。

このメディセル、先行導入された各院で大変好評をはくしており

今回、千葉駅前院でも導入が決まりました。

 


このメディセル、どういう医療機器かといいます

「独自の皮膚吸引システムで、筋肉の悩みを克服する」そんな機械です。

人が筋肉に痛みを感じるとき、多くの場合「筋膜」と呼ばれる筋肉の表面が緊張状態にあります。


この筋膜、筋肉の表面だけでなく体内隅々まで結合組織という形をとり張り巡らされているのですが、表皮のすぐ下側の部分にはリンパ液や水分があります。ここに発痛物質が溜まり、神経を刺激することで、痛みやコリ、むくみ、内出血といった症状が出てしまいます。

 

そこで、皮膚の表面を適切に吸引するだけで、リンパ液や水分を元通りに正しく循環させ、むくみや関節の歪み、体の内側から治療することで症状を改善することができるのです。

 

次回も詳しくご説明させて頂きます。

陰陽五行臓活食養入門セミナー開催!

2020.06.23

ご好評につき『陰陽五行臓活食養入門セミナー』を再開催いたします!

 

ご自身の生まれ持った五臓六腑の特性を知り、人生を豊かにしませんか?

東洋医学の元になっている天人合一思想や陰陽五行思想について学び、あなたの先天的気質や自分でできる食養生について学べます。

日時:7月12日(日) 15時半~(2時間半程度)

会場:セドナ鍼灸治療院 浦安院

セミナー受講費:4,000円(税込)

(命式鑑定+血流体質測定+オーガニック製油お土産付き)

定員:先着6名限定

講師は弊社専務で臓活食養普及協会認定講師の真継美智代が務めます。

 

ご参加希望のかたはスタッフまでお問い合わせください。

セドナ整骨院・鍼灸院・カイロプラクティック 千葉駅前院

047-287-4486

sedona.chiba@gmail.com

 

 

 

腸の健康②

2020.06.19

こんにちは!セドナ整骨院の前田です。

 

前回、「腸漏れ症候群=リーキーガット」についてお話をしました。

まずは簡単におさらいをしましょう。

 

リーキーガット「腸の粘膜に穴が空き、異物(菌・ウイルス・たんぱく質)が血管内に 漏れだす状態にある腸」のことを指します。

程度の差はありますが、日本人の約 7 割が陥っているのではないかと言われています。

リーキーガットになると、本来腸で排除されるべき様々な有害物質が体内に入り込み、血管を通り身体のいたるところに運ばれ、行き着いたところで時間をかけてじわじわと身体にダメージを与えます。

生活習慣病や血管障害・ガン・アレルギーの発症や進行とも関係していると考えられています。

 

前回も説明したように、人体の免疫機能の7割を担っている臓器は『小腸』です。

小腸の中には約3万種、100兆~1000兆個の腸内細菌が存在しています。

重さにすると約1.5~2㎏もの腸内細菌が人の体内に生息しているのです。

腸内細菌はその働きから「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに分類されます。

腸内細菌叢は善玉菌:2割、悪玉菌:1割、日和見菌:7割の分布が理想だと言われています。

 

腸内細菌の多様性(腸内フローラ)のバランスが崩れてしまうと、以下の病気を引き起こすと言われています。

・神経疾患

・がん(大腸がん・肝臓がん)

・代謝疾患(肥満・糖尿病)

・炎症性腸疾患(クローン病・潰瘍性大腸炎)

・アレルギー(喘息・アトピー性皮膚炎・食物アレルギー)

・虚血性心疾患(動脈硬化)

・自己免疫疾患(関節リウマチ・多発性硬化症)

これらの病気にならないために必要なのは「腸内環境を整えること」です。

 

腸内環境、というと乳酸菌や酵母菌を思い浮かべる方も多いかと思います。

その他に近年注目されているのが『枯草菌』です。

枯草菌とは、土壌菌という腸内で一番数が多く人にとって大事な菌の一種です。

納豆菌も枯草菌の一種で、醪(もろみ)にも多数の枯草菌が含まれることが知られています。

この枯草菌の主な働きと特徴として

・腸内細菌叢の再構築

・アンチエイジング

・オートファジー

・抗炎症

・ナチュラルキラー細胞活性化

・マクロファージ(白血球)の活性化

・ウイルスの増殖を抑制する物質

等々多岐にわたります。

 

枯草菌は土壌菌の栄養にもなるので、腸内フローラの多種多様性を保つのに非常に重要な働きをします。

次回はこの「土壌菌」と「枯草菌」について詳しく紹介していきます。

2020年7月スケジュールカレンダー

2020.06.16

こんにちは!セドナ整骨院です!

7月のスケジュールカレンダーが更新されました。ご確認下さい!

「2020年7月のスケジュール」

・毎週水曜日は休診となります。

・23日は研修の為、終日休診となります。

・7日、9日、16日は研修の為、出口院長は不在となります。

・2日、14日、30日は研修の為、春日先生は不在となります。

・24日は祝日特別診療を行います。

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院
043-287-4486
千葉市中央区弁天2-1-1秋葉ビル1F

休診のお知らせ

2020.06.16

こんにちは、セドナ整骨院です。
6/17(水)・18(木)は終日休診となります。

19(金)からは通常診療となります。

「留守電・HPからでもご予約可能です!」

TEL:043-287-4486
HP:sedonacare.com

休診期間中は、留守電にメッセージを頂くか、HP内の「WEB予約」
もしくは「お問い合わせフォーム」からご連絡下さい。
翌日の診療日に折り返しご連絡させて頂きます!
ご理解の程、宜しくお願い致します。

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

腸の健康①

2020.06.05

こんにちは!セドナ整骨院の前田です。

 

まだまだ落ち着かない状況が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

コロナウィルスの影響により様々な不安と制限の中、ストレスが増加しお身体に不調が出たり、悪化する方も多くいらっしゃいます。

 

そんな方々をお助けする為に私達がいます。

だからこそ私達も自分の身を守り、患者さまが安心して来院される環境を作り出す事を徹底しています。

院内環境を整えるのはもちろんですが、私たちセドナ整骨院のスタッフは自分たちの健康管理を行っております。

 

その中でも今回から「腸内環境」について何回かに分けてお話していこうと思います。

「なぜ腸の話?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実は人体の免疫細胞の7割を担っているのが『小腸』なのです。

皆さんは『リーキーガット症候群』をご存じですか?

 

リーキーは漏れるという意味を持つ動詞 leak の形容詞 leaky。

ガットは英語で gut、腸を意味します。

 つまり、リーキーガットは「腸の粘膜に穴が空き、異物(菌・ウイルス・たんぱく質)が血管内に 漏れだす状態にある腸」のことを指します。

日本語では“腸管壁浸漏症候群”と言い、程度の差はありますが、日本人の約 7 割が陥っているのではないか と言われています。

 

 

人体の免疫の約 70%を担っている腸は、大きくわけて『腸内細菌・腸壁・免疫細胞』の3つのバリア 機能があります。

しかし、過剰な除菌や高脂肪食、飲酒、食品添加物、薬の服用(抗生物質等)、ストレス等で バリア機能は崩れてしまいます。

腸のバリア機能障害により、免疫器官が正しく働かなくなってしまうと、様々な疾病の要因となる場合があります。

バリア機能障害を起こした大腸では、過剰な免疫反応のために腸そのものが炎症を起こし、炎症性腸 疾患(自己免疫疾患であるクローン病や潰瘍性大腸炎)を発症してしまいます。

 

一方で、極端な症状にはあらわれませんが、じわじわと身体に悪影響を与えるパターンもあり、これがリーキーガットの怖いところです。

本来腸で排除されるべき様々な有害物質が体内に入り込み、血管を通り身体のいたるところに運ばれ、行き着いたところで時間をかけてじわじわと身体にダメージを与えます。

生活習慣病や血管障害・ガン・ アレルギーの発症や進行とも関係していると考えられています。

腸は「内なる外」。

皮膚同様、腸壁は外界と体内を隔てる器官であり、外界と隣接しているので、日々の健康づくりのために腸に良い習慣を意識することが大切です。

 

次回から、腸内環境を整えるために数回に分けて腸の健康についてご紹介していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

オンラインセミナー開催のお知らせ

2020.06.01

こんにちは
セドナ整骨院・鍼灸院千葉駅前院の前田です。

【腸の働きとバイタレジーナオンラインセミナー再開催!】

5月に開催いたしましたオンライン会議アプリZOOMを使った「腸セミナー」を、ご好評につき再開催を行います!

2020年6月14日(日)  15:00~16:00

☑便秘や下痢が良くある
☑アンチエイジングに興味がある
☑常に不調で悩んでいる
☑自律神経失調症と言われた
☑アレルギー体質である
☑体の内側から健康になりたい
☑腸について知りたい

以上の項目に当てはまる方に非常におススメのセミナーです。

~受講生の声~
「初めてzoomを使ったので、モタモタしてしまいましたが(笑)、金子先生の分かりやすい説明で、楽しく参加できました。腸が丈夫ではない自覚があるので、腸内細菌バランスをよい状態で保てるように、心掛けたいと思います。」

「健康のためには、腸が健康であること!と聞いたことはありまし
たが、免疫細胞が、70%も集まっているということに驚きました。とても大事な場所なんですね!」

「スライドが綺麗で見やすい、わかりやすい ・話のテンポが良く、例え話がわかりやすく理解を深める と感心しながら見ていました」

前回スケジュールが合わなかったという方は是非この機会にご参加ください。
これから「腸のことを大切にしたくなる」キッカケとなる1時間になることをお約束します!
これからの健康づくりにお役立てください。

ご参加希望の方は当院までお電話かメールでセミナー参加の旨をご連絡ください。
こちらからメールにてセミナー参加方法の御案内を送付させていただきます。
043-287-4486
sedona.chiba@gmail.com

皆様のご参加お待ちしております。

「休診のお知らせ」

2020.05.26

休診のお知らせ

こんにちは、セドナ整骨院です。
5/27(水)・28(木)は終日休診となります。

29(金)からは通常診療となります。

 

 

「留守電・HPからでもご予約可能です!」

TEL:043-287-4486
HP:sedonacare.com

休診期間中は、留守電にメッセージを頂くか、HP内の「WEB予約」
もしくは「お問い合わせフォーム」からご連絡下さい。
翌日の診療日に折り返しご連絡させて頂きます!
ご理解の程、宜しくお願い致します。

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

春の不調におすすめのアロマ②

2020.05.23

 
 
前回ラベンダーの精油をおすすめさせて頂きました。
 
お風呂に垂らしたり枕元に垂らしたりと…
それだけでも万能なのですが
 
他にも用途がありとても使いやすいです。
 
 
ラベンダーは原液を肌に塗布しても大丈夫な精油です。
 
頭痛、偏頭痛にはラベンダーの精油の原液2滴を額とこめかみに塗布すると、痛みが和らぐとされています。
 
 
私も頭痛持ちなので痛くなりはじめには
ラベンダーで応急処置をしています。
 
 
気圧の変化での頭痛、ストレスで起こる頭痛、
偏頭痛でお困りの方は是非お試し頂きたいです。
 
私たちの身体は強いストレスや疲労などによって
身体を一定に保とうと働いている自律神経のバランスが知らず知らずのうちに乱れています。
 
 
そして頭痛は目の酷使や疲れからも起こります。
 
PCなど目を酷使する仕事の多い人は
ホットタオルでケアをしてあげるのもおすすめです。
 
 
ラベンダーの精油を1~2滴垂らした
お湯にタオルを浸けて、絞ったら目の上にのせるだけと、とても簡単です。
 
 
ラベンダーには鎮痛作用もあるので
肩や首にのせても効果がありますので是非お試しください。

アクセス情報

所在地

〒260-0045
千葉市中央区弁天2-1-1 秋葉ビル1F

休診日

水曜・祝日