Blog記事一覧 > 女性ホルモンとアロマテラピー > 女性ホルモンとアロマテラピー⑦

女性ホルモンとアロマテラピー⑦

2018.09.25 | Category: 女性ホルモンとアロマテラピー

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

 

前回まで6回にわたり、『女性ホルモンが原因で起こる不調におすすめのアロマテラピー』を

ご紹介しています。

今回は少し視点を変えて東洋医学の視点から女性のためのアロマテラピーをご

紹介いたします。

 

西洋医学における「腎臓」は、血液を濾過して尿を作り、身体にとって不要なものを

体外に出す働きがある臓器とされています。

東洋医学の「腎」は、腎臓としての働きだけでなく成長、発育、生殖に関する働きを

生涯にわたって左右する非常に重要な生命力の元と考えられています。

幼児期から思春期・壮年期への成長や機能の発達も「腎」の調節によって行われて

いるのです。

すなわち、「腎」は、骨、歯・髪などの発育や維持と関係が深いほか、性機能や排卵・

月経などの生殖機能とも深く関わっているのです。

 

その「腎」が不足、弱ってしまっている状態=『腎虚』になってしまうと、子宮や

女性ホルモンに関係したお身体のトラブルが起きやすくなってしまいます。

それらの症状が前回までにご紹介した生理不順や月経痛、無月経、ひいては

不妊症や不育症等です。

 

『腎虚』は腎が不足してしまっているので、腎を補ってあげる必要があります。

食生活では黒い食べ物がお勧めです。

海藻類や木の実類、キクラゲやナメコなどのキノコ類を積極的に摂るようにしましょう。

また、白米を雑穀米や玄米にするのも効果的です。

急に100%玄米では苦手に感じる方も、最初は白米に少し玄米を混ぜたり、食べやすい

発芽玄米からトライしてみて下さい。

また、腎虚は冷えに悩む方が多い体質です。

特に今の時期は朝晩と日中の寒暖差が大きいので羽織物を常備したり、「おしゃれより防寒」

を優先して少しでも冷える環境を減らしましょう。

 

冷えがある方はお灸でのケアがお勧めです。

腎兪(じんゆ)・関元(かんげん)・太𧮾(たいけい)にお灸をすることで身体を温める力が

アップします。

腎兪:肋骨の下を結んだ線上で、背骨から左右指2本分の(背中の筋肉の盛り上がった)ところ

関元:おへそから指4本分下

太谿:内くるぶしの下から後方に少しずらしたところのアキレス腱の間のくぼみ

火を使わないお灸『せんねん灸太陽』ならお灸を付けたまま他の行動もできますし、

火の始末の心配もないので、忙しい方やお灸初心者のかたに特にお勧めです。

 

また、当院では、女性ホルモン関係でお悩みの方に『陰陽五行オイルトリートメント』を

お勧めしています。

『腎』は五行の「水」に属するので、「水」のオイル『リジェネレーション』

「腎経」をしっかりとトリートメントを行います。

女性に多いお悩みである浮腫みや下半身の冷えの改善にもつながりますので、

気になる方は是非スタッフにお声かけください!

 

 

 


アクセス情報

所在地

〒260-0045
千葉市中央区弁天2-1-1 秋葉ビル1F

休診日

水曜・祝日