スタッフ紹介

院長 出口友弘

私は千葉県の南房総にある「館山市」で生まれ育ちました。小学校では空手と水泳から、中学、高校からは野球をしてきてスポーツをしてきて、様々な人に助けられながら育ってきました。
僕の転機はやはり中学校から始めた野球だと思います。
野球のようなチームスポーツでは「一人ではファインプレーでは勝てないけど、一人のミスで負けてしまう」という経験をさせて貰った事が今の仕事にも生きて来ていると思います。
真面目に練習したせいか、フォーム悪かったせいか僕の右肩は痛みが出ます。一番痛い時は90度以上肩が上がらない状態でした。

中学から始めた野球にドップリ浸かってしまった僕は、高校でも甲子園を目指してプレーする事にしました。元々怪我をした肩を庇いながらのプレー。そして、練習量の過酷さに次第に僕の身体は悲鳴を上げ続けていたようです。
でも基本的に負けず嫌いの私は、自分の身体の事は省みず毎日の厳しい練習、自主練習にあけくれていました。

選手時代は、常に肩の痛みと共に過ごしてきました。痛みのある部位をかばいながらの練習で私は身体のバランスを崩し自分の思ったような結果が残せない日々が続き、それだけでなく怪我が怪我を呼んでしまいレギュラーからも落ちてしまいました。もはや自分自身でコンディショニングを整える事、修正できるような状態ではありませんでした。
その時の私は「このまま、痛みが続くようならもう野球をしていてもダメかもしれない。。。」とも思いました。そんな時に相談に乗って貰ったのが地元でも有名なスポーツに精通する鍼灸師の先生でした。
初診の時の衝撃は今でも鮮明に覚ていいます。今まで痛みが出ていた肩が嘘のように改善されていたのです。まるで魔法のようでした。その先生に定期的に身体のコンディショニングをして頂いたお陰で最後の夏の甲子園予選までなんとか野球を続けられる事が出来ました。
私も感じていた、「痛い」「思い通りにいかない」「もっと練習したいのに。。。」などの症状は他人には分かって貰えない苦しみがあります。私にはそういった選手の恐怖やジレンマなどが痛いほど理解できました。「そんな選手の少しでも力になれないものか?」
それが、私が治療家の道を志した理由です。

そんな田舎育ちの僕は中学生からの夢を叶える為に、高校を卒業したら東京の大学に進学する事を決めました。
大学では鍼灸・スポーツトレーナー科に進学し、鍼灸の勉強を続ける傍、学生トレーナーとして高校ラグビーのチームに2年間帯同し様々な外傷やトレーニングの勉強させてもらいました。
そして縁があって今のセドナ整骨院で大学二年生から働かさせて貰って、治療だけじゃなく色んな事を学びました。今も本当に色んな事を学ばせて頂いています。

そんな中、大学卒業後は更なるレベルアップの為に「柔道整復師」の学校に入学して3年間を過ごしました。朝から夕方まで「鍼灸師」として今の職場では働き、夜は学校に通ってきました。その3年間は殆ど休みはなく、体力的、精神的に辛い事が多々ありましたが、「今、怠ける事で今までの患者さんにも、今後、患者さんや選手を本当に救える治療家になれるのか?」そう考えると常に前向きな気持ちになれましたし、中途半端な行動や考え方で時間や投資したを無駄にして来ていません。
患者さんが抱えている痛みの大半は「誰にも分かってもらえない」と思っている方が殆どなんです。だからせめて僕ぐらいは、自分の辛い経験を通して、その辛い症状や気持ちは理解してあげたいんです。僕はセドナ整骨院で働くにあたり、そして今後、治療家を続けていくにあたってある使命を抱えています。それは「症状が治った先の幸せの実現です」それは、痛みによって苦しんでいる事だけでなく、痛みによって我慢している事や諦めている事を納得いくまでできる、やって貰える体づくりをお手伝いする事。
「体が楽になったら、本当にやりたいことはなんですか?」私の皆さんの夢を聞かせてください。最大限のお手伝いをいたします。
過去に僕が周りの人にして貰った事を、今度は僕の治療で皆さんに還元して、僕に関わってくれる患者さんや周りの人間を幸せにする番だと思っています。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院 院長 出口友弘 プロフィール

保健科学学士
保健衛生学士

国家資格 : 鍼灸師登録番号 はり師153858 きゅう師153577
国家資格 : 柔道整復師番号87744
健康運動実践指導者

日本接骨医学協会会員
全国柔整鍼灸協会正会員
TMS JAPAN会員

日本カイロプラクティック・オステオパシーセミナー修了
Superfeet Tech1~4

「誰にでもわかる、自律神経失調症」セミナー開催多数
セドナ整骨院・鍼灸院グループでは定期的に「誰にでもわかる、自律神経失調症」と銘打ちまして患者さんはもとより、プロの施術家さんにセミナーを開催しております。

前田万衣子

こんにちは、セドナ整骨院の前田万衣子と申します。より皆様と良い関係を築き上げていきたいと考えております。最後までお付き合い頂けたら幸いです。

出身地 : 千葉県東金市
誕生日 : 3月4日
趣味 : 手作りする事
取得資格 : 美容師・アロマセラピスト

他の先生方とは少し違った自己紹介をさせて頂きます。
と、言いますのも。
実は私、柔道整復師でも、鍼灸師でもないのです。最初に就いた職業は、美容師で、6年間ほどやっていました。
頑張ればその分技術が向上するのが楽しく、お客様に接するのも大好きで、夢中になって働いていたのですが、パーマ液やカラー剤、強い薬に毎日触れているうちに、重度の手荒れになってしまったのです。
仕事が好きなのに、練習すればするほど自分の皮膚がボロボロになっていく…。
当たり前のように使われている薬でも肌負けしてしまう人がいる、ということをこれ以上ないくらい実感しました。
自分の健康面やメンタル面、色々なことに「このままでいいのかな?」と自問する日々でした。
そして、「もっと肌に優しい、人や自然に優しいものに関わる仕事がしたい!」と、強く思うようになったのです。美容師をやめた後は、整体とアロマトリートメントのスクールに通いながら、アロマの販売職に就いていました。
しかし、「アロマテラピーがもっと健康に役立てるものだという事を、より多くの人に知ってもらいたい!」という思いから、この度セドナの一員になりました。心と体の【真の健康】の為にアロマセラピストとしてお力になりたいと思っています。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

鍼灸師 春日慎平

私は岐阜県の垂井町という関ヶ原の戦いの隣町で生まれました。山や川ばかりの田舎町の垂井町で、はちみつ屋の息子として育ちました。
幼い頃は山や川で遊ぶことが多かったので、今でも暇があれば木がある所や川でのんびりしていることが好きなゆったりした子になりました。

そんな私は小学校、中学校でサッカーをやっていました。サッカーが下手でしたが中学校まではボールが蹴りたくてしょうがないくらいサッカーが大好きでした。
高校生になってもサッカー部に入ろうと思っていましたが、僕よりもうまい子が多く、その子たちに勝てないと思い逃げ出しました。
高校生活はサッカーのないつまらない生活でした。そんなつまらない生活の中、高校三年生の進路を決める時に自分にとって何をしていたら楽しいのかを考えたら、
やっぱり私はサッカーに関わっていきたいと思いました。自分が将来サッカーに関わっていける仕事でスポーツトレーナーがありました。
スポーツトレーナーとして、サッカー選手のけがの治療をしたいと思い鍼灸師になりました。

まずはセドナ整骨院で立派な治療家になり、患者様が日常生活で痛みや辛さを感じない体に治療できるようにしていきたいと考えています。
これからどうぞ宜しくお願いいたします。

柔道整復師 河田洸輔

皆さま、こんにちは。河田洸輔と申します。柔道整復学科の大学を卒業し、この度セドナ整骨院にはいりました。
千葉県千葉市出身ですのでご近所の方もいるかもしれません。どうぞよろしくお願いします。

得意なスポーツは野球で、趣味はプロ野球を観に行くことです。子どもの時にテレビ中継していたジャイアンツのファンで、よく東京ドームに観戦に行きます。
千葉幕張は近いので、ロッテ戦もよく観戦に行きます。どの球団もよく知っているので野球が好きな方がいましたらお話できればと思います。

私は、小学1年から高校3年まで野球をやっていました。ポジションはピッチャーでした。高校2年の夏、先輩が引退をされて新体制でスタートしてからすぐ、肩に違和感を覚えました。しかし特に厳しい夏練習でいきなり離脱するわけにはいかないと思っていた私は、投げ続けてしまいました。秋季大会ではメンバーから外れ悔しい思いをしました。

当時通っていた整骨院の先生は野球部出身で、肩を治療するのと同時に全身のケアやトレーニング、ピッチングフォームの改善を親身になって指導して下さいました。
そのおかげで3年の最後まで大好きな野球を続けることが出来ました。ちなみに現在も草野球を楽しくやっています。整骨院にお世話になった経験がきっかけで、この道に進みました。
セドナ整骨院で、皆さんのやりたい事ができるようにサポートしていきます。宜しくお願いします。

セラピスト 元山幸

皆様、こんにちは!名字でお分かりかも知れませんが、九州生まれ、九州育ちの元山です!私は地元で小学生のころから高校卒業まで空手を習っておりました。
空手を始めた理由は、ただ一つ、元気な体になりたいという想いからでした。私は幼少期から虚弱体質で、入退院を繰り返していました。ドクターから一生運動はできないし、何歳まで生きられるか分からないと宣告され運動会や遠足の日は、外から眺めたり、庭でひとりでお弁当を食べたりと、みんなと同じように生活できない事がとても悔しかった思い出があります。
その頃は薬に頼りきりで、結果として様々な薬の副作用により体は衰弱していきました。体が健康で無い事は、次第に心も蝕んでいき心身共に無気力になってしまいました。

体が大きくなるにつれ少しずつ体調も回復し、今では全快ではありませんが、自分の体とうまく付き合いながら不自由なく生活を送れています。

以前はリラクゼーションサロン、介護職にも携わっていましたが、その中で現代では身体だけでなく精神面での不調を感じている方が多く見られ、またどんなに長生きをしていて
も、身体が動かないのに意味が無いというお声もよく耳にしており、日々に幸福感を感じながら生活している方はほとんど見られないのが現状でした。
そんな時に自分の治療の為に通っていた治療院で東洋医学と出会い、人間の体に本来から備わっている自然治癒力を引き出し改善へと導く治療法にとても惹かれました。
人を心から癒せるそんなセラピストを目指しています。日常の些細な事でも、何でもお話しいただければ幸いです。
これからどうぞ宜しくお願い致します。


アクセス情報

所在地

〒260-0045
千葉市中央区弁天2-1-1 秋葉ビル1F

休診日

水曜・祝日