ホーム > Blog記事一覧 > 東洋医学の記事一覧

「東洋医学⑫」

2019.08.01

こんにちは!
セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

 

前回まで『経穴(ツボ)』について

そして日常に取り入れやすいツボ押しついてご紹介してきました。

今回からは『経穴(ツボ)』のプロフェッショナルな活用

『鍼灸治療』についてご紹介していきます。

 

『鍼灸治療』の治療効果は日本、中国、韓国などのアジアだけでなく欧米などでも採用されています。

WHO(世界保健機関)

神経系疾患(神経痛、脳卒中後遺症、自律神経失調症、ノイローゼなど)

運動器系疾患(関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎など)

循環器系疾患、消化器系疾患、代謝内分泌系疾患

など多くの疾患への有用性を認めています。

また近年では、NHI(米国国立衛生研究所)が病気に対する

鍼灸療法の効果と、その科学的根拠、西洋医学の代替療法としての有効性を正式に認めています。

 

 

『鍼灸治療』のうち、『鍼治療』は非常に細い金属の鍼を使って

治療を行うことで『鍼術』とも言います。

人間の身体は刺激を与えるとその部位を守ろうとしたり

逆に興奮状態にあるものを鎮静化する性質があります。

これを「恒常性維持機能(ホメオスターシス)」と言います。

鍼治療は、そうした身体の反応を利用し

体の表面に刺激を与え、病気の治療や予防を行います。

特に前回までにご紹介してきた『経穴(ツボ)』から『経絡』を刺激し

その経絡に関係する臓腑や気・血・津液の変調を調整して

正常な状態に戻す治療法は、まさに東洋医学独特のものです。

元々は経験療法から始まったとされていますが

その後陰陽論や五行論、気・血・津液などの思想が加味され、体系化されてきました。

次回は『鍼治療』の効果や特性についてご紹介いたします。

東洋医学 ⑪

2019.07.19

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

 

 

前々回から『今の時期、これからの時期にオススメのツボ』

をご紹介しています。

今回は今の時期の「頭痛」について、そしてオススメのツボをご紹介いたします。

 

梅雨の時期になると頭痛がある

頭が重いなどの症状に悩まされることがあります。

 

この時期の頭痛は湿気や気圧の変化が原因となって引き起こされますが

さらに2種類に分けることができます。

まずはそれぞれの頭痛について解説します。

 

「緊張性頭痛」

1つめは肩や首などの筋肉に緊張が広がった場合です。

筋肉の血流が悪化し筋肉の動きが悪くなっていることが原因です。

 

また、アルコールの飲み過ぎ等で肝臓が疲弊している時に

悪化しやすいとも言われています。

肩周りの筋肉が腫れたように硬くなっていたり

その症状が首から背中にかけて連なることもあります。

 

「筋筋膜性頭痛」

2つ目は、血が筋膜に入った場合です。

筋膜とは筋肉を包む膜のことで、腕や足など体全体に張り巡らされていますが

この筋膜付近で血流が悪くなると、ネバネバした水分が筋膜に溜り

筋肉の動きに引っかかりが生じ、筋肉同士がギシギシ擦れてしまう状態になってしまいます。

 

それによって頭痛が引き起こされるとされています。

女性で生理の際に頭痛が出るという方はこの筋筋膜性頭痛に該当します。

 

この時期の頭痛にオススメのツボは『手三里』と『風池』です。

 

「手三里(てさんり)」

頭痛やだるさ、やる気が起きない、悩みやすいなど精神的な症状にもおすすめです。

消化不良などの胃腸の働きをととのえる効果もあります。

ヒジを曲げた時にできるシワに人さし指をおき、指幅3本。

くすり指があたっているところが手三里です。

 

 

「風池(ふうち)」

頭痛や目、耳、鼻、の不調に効果があるツボです。

その他にも熱の上がり始めや咳が出る等の風邪の症状にもオススメです。

首の後ろの左右のスジに指をおき、指をすり上げていき、髪の生え際辺りの左右外側の窪みのあるところです。

手の力だけで押すのではなく少し頭を後ろに傾けて自重でゆっくり圧をかけます。

また指圧だけでなく天柱等と一緒に温めるのも効果的です。

 

正しいツボの取り方&実践編として、是非ご自身の生活に取り入れてみてください。

東洋医学 ⑩

2019.07.01

こんにちは!
セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

 

前々回は『経穴』の取り方のコツについて詳しくご紹介し
前回は『今の時期、これからの時期にオススメのツボ』として
梅雨時期のむくみにオススメのツボをご紹介しました。

今回も同様に今の時期にオススメのツボをご紹介いたします。

正しいツボの取り方&実践編として
是非ご自身の生活に取り入れてみてください。


前回も申し上げたように、梅雨の時期は不幸を感じる方が非常に多い季節です。
その中でも不調を感じる方が多い部位が『胃腸』です。

 

古くから「過剰な湿気は胃腸を弱らせる」と言われています。

 

ただでさえ四方を海に囲まれている日本では余剰な湿気にさらされやすく
雨が多い梅雨には過剰な湿度が続く為多くの方に症状が出てしまうのです。

さらに胃腸の不調が長く続いてしまうと、以下のような症状を引き起こすこともあります。

・胃痛・腹痛  ・下痢   ・むくみ
・冷え     ・肌荒れ  ・食後の眠気
・腸鳴     ・口臭   ・疲労倦怠

 

 

この時期の胃腸の不調にオススメのツボは『足三里』と『中脘』です。

 

「足三里(あしさんり)」
胃腸の症状、足の疲れ・浮腫み、膝の痛みだけでなく
病気予防や体力増強にもおススメの万能養生のツボです。

足の外側、ひざの下のくぼみから指4本分下に位置します。
親指か中指をツボにあて、多少痛みを感じる程度の強さで押してもみます。
両足のツボ1回6秒、繰り返して10回ずつを目安に刺激をすると効果的です。

 

 

「中脘(ちゅうかん)」
呼吸を深くして胃腸の働きを高めてくれるツボです。
消化器の不調・浮腫み、咳・痰、動悸・息切れ
不眠、健康維持におすすめのツボです。

おへそに小指をあてて、親指までの指幅5本分上に位置します。
親指があたっているところにへこみがありますので
優しい強さでゆっくり刺激します。

 

 

次回も『今の時期、これからの時期にオススメのツボ』をご紹介いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

東洋医学 ⑨  〜むくみのツボ〜

2019.06.25

こんにちは!
セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

前回は『経穴』の取り方のコツについて詳しくご紹介しました。
そこで、今回からは『今の時期、これからの時期にオススメのツボ』をいくつかご紹介いたします。
正しいツボの取り方&実践編として、是非ご自身の生活に取り入れてみてください。

 

 

今年も梅雨の時期になりました。
毎年のこととはいえ、この時期
「何となく体の調子が悪い」
と感じる方は非常に多いです。

今年関東圏が梅雨入りしたのは6月8日でしたが
梅雨明け予想は、、、なんと7月21日!!

 

約1ヶ月半も梅雨が続くと予想されており
まだ半分ほども雨の多い時期が残っています。
そんな梅雨の時期を少しでも快適に過ごせるようなツボをご紹介いたします。

 

そもそも、梅雨シーズンに起きる「むくみ」の原因は、なんなのでしょうか?
この時期の空気は、他の季節よりも湿気を多く含みます。

私たちの身体はほとんどが水分でできており、
通常、体温と共に水分のバランスを保ちながら生きています。

ところが、天候や気圧が不安定になるこの時期は
自律神経のバランスが乱れ、体温調節にも影響が出ることがあります。

 

それに加えて、洗濯ものがカラっと乾かず湿っぽい状態が続くように
熱を下げるためにかいた汗がなかなか蒸発せず、スムーズな発汗の妨げになることもあるのです。

結果、体内の水分排出がうまくいかなくなり
身体の中に水分を溜め込んで「むくみ」を引き起すのです。

 

そんなむくみにオススメのツボは『湧泉』『天窓』です。

「湧泉(ゆうせん)」
腎臓と膀胱の機能を高め排尿がスムーズになり
むくみを解消してくれる特効ツボです。
足の裏の中央よりやや上、足の指を曲げた時、へこむところに位置します。
両手の親指を重ねて「湧泉」にあてて押しもみます。
床に座って脚を伸ばし、片方の足の「湧泉」を両手の中指で押さえながら
ひざの曲げ伸ばしを行うと、さらに効果がアップします。

「天窓(てんそう)」
首筋の胸鎖乳突筋の後ろに位置するツボ。
顔や頭部の血行をよくして顔のむくみを改善します。
耳の後ろの骨からまっすぐ下におろした線と、喉仏の線が交わるところにあります。
中指の腹を「天窓」にあて、気持ちいいと感じる強さで押しもみます。
筋肉を持ち上げるようなつもりで行うと効果的です。

 

ツボ押しで体内の余分な水分の排出を促して
すっきりした身体で梅雨を乗り切りましょう!

 

次回も『今の時期、これからの時期にオススメのツボ』をご紹介いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

東洋医学⑧

2019.06.15

こんにちは!
セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

前々回と前回で鍼灸治療をするうえで欠かせない、
『経絡と経穴』についてご紹介いたしました。
ご自宅のセルフケアでも『経穴=ツボ』を活用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に、特別な道具も要らず、いつでもどこでもできるツボ押しは

雑誌等を始め様々なメディアでも紹介されている健康法の一つです。

ですが、実際には「ツボの上手な取り方がよくわからない」という方は多いように見受けられます。
そこで、今回は『経穴』の取り方のコツについて詳しくご紹介していきます。

例えば「足三里は足の疲れ、むくみ、胃腸の症状、膝の痛みにも万能養生のツボです。

ツボのとり方はひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき

指幅4本そろえて小指があたっているところです。」

と、いうようにツボの名称と効果と一緒にツボの取り方も書いてあるモノを多く見かけます。

実際、言われた通りにやってみても正しいかどうか

指〇本分って自分の指で計って本当に良いのか、疑問に感じたことはありませんか?

ツボというのは、場所がしっかり決まっていて

「目印の場所から目印の場所に向かって○寸」というように定義されています。

つまり、1つのツボを誰がとっても同じ場所になるようになっているのです。

ツボの取り方には大きくわけて「骨度法」と「同身寸法」という2通りの取り方があります。

「骨度法」
身体の長さや大きさには個人差があるため

同じように1寸を計っても身体の部位を中心に見ると人によってはどうしても誤差が出てしまいます。

その為に身体の決めた場所からある場所までの長さの単位を決めて

それを分割して尺と寸を定めるようにした方法を骨度法といいます。

身体の長さを骨度法であらわすと…

①胸骨の下からおへそまでを8寸
②おへそから恥骨までを5寸
③肩峰の外側から肘までを1尺
④肘から手首までを1尺
⑤手の長さ8寸半
⑥大転子からひざまで1尺9寸
⑦膝から足のくるぶしまで1尺6寸

というような形になっています。

 

「同身寸法」
骨度法では一人一人の長さを計って当てはめる方法なので1番正確なのですが

なかなか大変であるため、簡単に計るための方法として

身体の部分の長さを尺度として使う方法を同身寸法といいます。

①男性は左手、女性は右手を使い、手の親指の1番目の関節のところの横幅=1寸
②手の人差し指、中指、薬指の1番目の関節のところをあわせた横幅=2寸
③手の人差し指から小指までの2番目の関節のところをあわせた横幅=3寸

というような形になります。

また、ツボを紹介する場合は「ヒジと同じ高さで背骨の両脇やや外側を親指で押して気持ちよく感じるところ」

のように記載されているものもあります。

ご自身のお身体のリラックスの為にもあまり難しく考えすぎず

「気持ちよく感じるところを気持ちいいと感じる強さで」刺激するのがベストかもしれません

お気軽且つお手軽にできるツボ押し健康法を是非ご自身の体調や

ライフスタイルに合わせて取り入れてみてください。

お薦めのツボは各院の先生に訊いてみてくださいね!

東洋医学⑦

2019.06.04

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

 

前回から鍼灸治療をするうえで欠かせない、

『経絡と経穴』についてご紹介しています。

今回はその中の『経穴』について詳しくご紹介していきます。

 

『経穴』は前回ご紹介した『経絡』の要所に存在しています。

書物などによって多少の差はありますが

人体の全身に360個程あり、経穴・奇穴・新穴に分類されます。

 

経穴は、もとは中国の中医学に由来し経験的な知見により見出されたものです。

重要な神経・血管・筋走行上に位置したり、体性や内臓反射等で医学的関連があり

現在ではWHOにおいても治療効果が認められています。

 

 

更にその中で特定の病気の治療点としてよく使われる経穴を『要穴』と言います。

鍼灸では、この『経穴』特に『要穴』を刺激することにより病気を治療したり、予防する効果を促します。

 

もう少し細かく説明しますと、鍼やお灸により経絡内の気や血、津液の流れが滞っている部分に刺激を加えることでそれらの流れを改善することができる為、治療や予防に効果を発するのです。

 

人体は病気や未病になると気・血・津液の不調和や臓腑の陰陽の不調和が起こり

虚実の証が現れますが、これらも経穴を切診(触診)することで把握できます。

前回の経絡同様、全身の経穴は体内の様々な問題や不調が表出する部位であると同時に

その御蔭で効果が上がりやすい治療を行うこともできる部位でもあるのです。

 

経穴は一般に『ツボ』とも呼ばれ、専門家による鍼灸治療だけで出なく

セルフケアのお灸やツボ押しなどにも活用することができます。

特に、特別な道具も要らず、いつでもどこでもできるツボ押しは

雑誌等を始め様々なメディアでも紹介されている健康法の一つです。

ですが、実際には「ツボの上手な取り方がよくわからない」という方は多いのではないでしょうか?

 

次回は『経穴』の取り方のコツやセルフケアでのツボ押しのコツについてご紹介いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

東洋医学⑤ 経絡と経穴について

2019.05.25

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

 

前回まで『気・血・津液』についてご紹介いたしました。

今回からは鍼灸治療をするうえで欠かせない

『経絡と経穴』についてご紹介していきます。

 

『経絡』は「気・血・津液」の通り道の総称と位置付けられています。

経絡の『経』は『経脈』のことで、縦糸を意味していて

経絡も身体を縦に走っています。

 

経脈には「正経十二経脈」と「十二経別」「奇経八脈」があり

「正経十二経脈」と「奇経八脈」の督脈、任脈は固有の『経穴』を持っています。

経絡の『絡』は纏う、繋がるなどを意味していて、経脈と経脈と結んでいるものを『絡脈』と呼びます。

 

 

 

『経絡』は五臓六腑のような身体の内側と

体幹や四肢などの身体の外側を結んでいます。

 

「気・血・津液」は経絡を通って臓腑・組織・筋肉・皮膚などを

循環して身体の内側全体に栄養を与え、それぞれの機能を調節しています。

また、各臓腑の気も経絡を通って循環しているので

臓腑に不調がある時にはその反応が経絡上に現れやすくなっています。

 

経絡は、経絡上にある臓腑や皮膚・筋肉・骨などに

気・血・津液を巡らせ、健全な生理活動を維持します。

また、防衛作用のある衛気が絡脈に集まることで

外邪の侵入を防ぐ働きもあります。

 

しかし、外邪が体内に侵入してしまうと

外邪も経絡を通って身体の奥深くまで侵入します。

その為、一つの臓腑が病気にかかると、経絡で繋がっている

他の臓腑も病気になりやすくなってしまいます。

 

一方、経絡の御蔭で病状に応じた治療を施しやすいという側面もあります。

経絡は体の表面ともつながっているため

臓腑に異常があると経絡を通じて体表部に異常が現れます。

その体表面の異変から、経絡で繋がっている臓腑の変調を推測し

経絡や経絡上の経穴を用いて治療を行うことができるのです。

 

 

次回は『経穴』についてご紹介いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

「東洋医学⑤」

2019.05.14

こんにちは!
セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

前回は『気・血・津(液)』とは何か、というところをご紹介いたしました。
今回はその『気・血・津(液)』の関係性をご紹介していきます。

以前ご紹介したように人体も一つの「統一体」ですので

その生命力に重要な役割を持つ『気・血・津(液)』

も単独で存在しているのではなく、相互関係の上に存在しています。

では3つの関係性を一つずつご紹介していきます。

 

1、「気」と「血」の関係

「血」は「気」によって生成され

「気」が押し流してくれる御蔭で全身を巡ることができます。

逆に「気」はその全身を巡っている「血」に載って同様に全身を巡ることができます。

また、「血」がエネルギーを増幅してくれることで

全身の臓腑にも「気」を行渡らせることができます。

気為血之帥:気は血を作り、血をめぐらせ、気が血を統率している
気能血行:気の推動作用により血が循環できる
気統摂血:気は固摂作用、脾気の統血(とうけつ)作用によって血を統べる
血載気行:血は常に気を載せてめぐっている
血為気之母:血の営養作用によって臓腑が気を生じ、気能できる

 

2、「気」と「津液」の関係

「血」と同様、「津液」も「気」によって生成され

又循環することができます。

そして、その「津液」の循環に載って「気」も全身を巡っています。

気能行水:気が推動作用によって津液を循環させている
気能生水:気の気化作用によって津液を作る
津能載気:津液は気を載せて血脈内を常に同行している

 

3、「血」と「津液」の関係

「血」も「津液」も水分質の存在です。
ですので、お互いが不足した際には働きを補完することができます。

津血同源:津液にも栄養分があり、血の働きを補完する

以上のように『気・血・津液』はお互いの働きを助ける

相互関係を保ちながら存在し、全身を巡っています。
そしてこの『気・血・津液』のエネルギーによって

私たちの身体は生命力を維持できているのです。

 

次回は『経絡と経穴』についてご紹介してきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

「東洋医学④」

2019.05.07

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

 

前回までで東洋医学の重要な思想の柱である「陰陽論」「五行論」

「天人合一思想」についてご紹介してきました。

今回からは複数回に分けて、東洋医学を学ぶ上で欠かせない

『気・血・津(液)』についてご紹介していきます。

 

 

「気」は人間の生命活動を維持する力=エネルギーそのものです。

「血」は各臓器や組織に栄養分を与える血液、「津(液)」は全身を潤す体液のことです。

そしてこの『気・血・津(液)』も陰陽で分けることができ

『気』が陽、『血』と『津(液)』が陰に該当します。

 

 

では、それぞれ詳しくご紹介していきます。

「気」

気とは人体の構成と生命活動の最も基本となるエネルギー源であり

人体の構成成分を陰陽に分けたときの陽の部分の代表です。

体の各機能を動かし、血液や水分の流れをスムーズにし、新陳代謝を促す働きを持っています。

人体の気はいろいろありますが、基本になるものは元気(原気、源気、真気)といわれるものです。

元気とは

父母から受け継いだ生まれながらの先天の気

食べたものが吸収され運化されてできる水谷の気

口鼻より吸入される自然界の空気を総合して言います。

 

「気」のエネルギーがなければ私たちは生命活動を

維持することができなくなってしまうほど大切なものとされています。

 

「血」

血とは血液のことであり、人体の構成成分を陰陽に分けた時の陰の部分です。

健康を維持するために全身に栄養を運び、老廃物を回収する働きがあるので

血の具体的な働きは全身に栄養を供給して潤していきます。

血は、人体構成と生命活動維持の基本物質の一つです。

血の足りている人は顔色が良く、 筋肉が充実し、皮膚と毛髪も潤いとつやがあり

視力も良く、肢体の関節活動も機敏です。

特に、血液の流れが滞って血管の局部や臓腑の中に停滞した「淤血」は

女性の場合に婦人科系疾患の原因の一つになりやすいです。

 

「津(液)」

津(液)とは、胃液や涙など人体内の正常な水分のことをいい

各臓腑、組織器官内の液体と正常な分泌物も含みます。

体全体を潤し、体内を循環して体温調節や関節の働きをなめらかにします。

津(液)は陰に属し、その働きは潤すことで、臓腑、筋肉、毛髪、粘膜を潤し

関節の働きを円滑にするなどの働きをしています。

 

この3つが体内を循環することによって、私たちの健康は保たれています。

ですので、「気・血・津(液)」のどれかが不足したり

流れが滞ったりすると、身体の不調が起こります。

 

 

次回も『気・血・津(液)』についてご紹介してきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

「東洋医学」③

2019.04.25

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

 

前回と前々回で、東洋医学の重要な考え方の

「陰陽論」と「五行論」についてご紹介いたしました。

今回はもう一つの大きな柱天人合一思想についてご紹介していきます。

 

東洋医学を生み出した中国では、昔から農耕を中心とする生活を送っていました。

その為、太陽や封などの自然の動向や四季の変化に、特別な関心を抱いてきました。

その結果、人と自然界(宇宙)は「統一体」であるという『統一観念』を導き出しました。

 

 

四季の移り変わりなどの自然界の変化は「気・血・津液」にも影響を与え

前回ご紹介した五行色体表にも表わされるように

五臓(肝、心、脾、肺、腎)のエネルギーがそれぞれに相対した季節に旺盛になります。

 

 

このように人体の状態の変化を自然(宇宙)になぞらえることで

東洋医学を論理的・哲学的に説明することが可能になっています。

 

東洋医学の基礎である『黄帝内経』の『霊枢』の中の邪客篇には以下のような記述が残されています。

・天に日月あり、人に両目あり

・地に九州(大陸)あり、人に九竅(孔・穴)あり

・天に風雨あり、人に喜怒あり

・天に四時(四季)あり、人に四肢あり

・天に五音(音階)あり、人に五臓あり

・天に六律(音律)あり、人に六腑あり

 

このような人体の形や機能が天地自然(宇宙)に

相応しているとみる思想を『天人合一思想』と言います。

 

さらに、人体の各臓器・組織や諸器官はそれぞれに違う機能を持ちながら

同時に有機的な繋がりを持っていることから

人体そのものも「統一体」である、ということができます。

 

人体に病変が起きると臓腑の機能が失調し

それが経絡を通じて体表や組織・諸器官にも反応が表れます。

 

例えば、「頭痛がする」といった場合に頭部に原因があるとは限りません。

局所的は勿論、体全体のエネルギーバランスや他の臓腑などの

影響から頭痛が生じているのではないか、という捉え方を東洋医学では行います。

 

これは人体をひとつの「統一体」であるとする思想からきているのです。

東洋医学が“病気を診る”のではなく“人を診る”、『ホリスティック医学』である所以です。

 

次回は生命活動を維持するための重要な物質

「気・血・津液」について詳しくご紹介していきます。

どうぞよろしくお願いします。

アクセス情報

所在地

〒260-0045
千葉市中央区弁天2-1-1 秋葉ビル1F

休診日

水曜・祝日