ホーム > Blog記事一覧 > 東洋医学の記事一覧

シリーズ 「東洋医学」⑧

2018.02.25

こんにちは!

千葉駅「徒歩1分」

セドナ整骨院・鍼灸院の院長:出口です。

前回までに「五臓六腑」の六腑の「胆」「小腸」の2つについて話をさせて頂きました。
覚えていますか?

この二つの大まかな働きは

6、胆・・・胆汁を貯蔵し、排泄する。

7、小腸・・・食べ物を栄養素と不要なものに分ける

と、いうことでしたね。その上で今日は、残りの4つを診ていきましょう!

 

 

8、胃・・・ 飲食物を最初に受納し、初歩の消化を行い脾をサポートする。

飲食物を最初に受け入れ、脾の働きを助けます。

荒く、大きく消化された飲食物は小腸に送られ、脾の作用で消化されて「水穀の精微」となります。

初歩消化は、必ず「脾の運化機能」と相互に配合され、気・血・津を生成して全身に行き渡らせる働きがあります。

「胃の気」と呼ばれるエネルギーは下降するのが正常です

この下降する作用によって、胃から小腸、小腸から飲食物の残渣が下って大腸に至り、大腸から糞便となるます

逆に胃の気が上に向かって反逆(胃逆)すると、吐き気や嘔吐などの症状がでてきます。

 

9、大腸・・・飲食物から水分を吸収、便をつくる。

大腸の主な働きは、小腸で消化吸収された後の食物の残渣を糞便として体外に排出する役割です

小腸から送られた不要物を受け入れて、さらに水分のみを吸収します。

五臓では「肺」と密接な表裏関係があり「肺気の粛降」のサポートを行います。

また大腸の伝導機能には「胃の下降作用」「腎の気化作用」を支える関係があることから。

胃気が降りなければ、肺気も降りず、あるいは腎気が不足の時は排泄困難を起こす事が知られています。

 

10、膀胱・・・腎から送られた尿を貯蔵、排泄

膀胱の主な働きは貯尿と排尿にあります。

五臓では「腎」と密接な表裏関係があり、腎の働きをサポートします。

単純的に貯める・出すだけではなく、排尿の指示が腎から伝えられると、膀胱が開きます。

腎気の作用は水液を転化させ、尿液とする事です

しかし、 腎気が不足すると膀胱の機能も正常でなくなり、排尿の回数が増え、頻尿となり、排尿時に尿道に疼痛を引き起こす。

 

 

11、三焦・・・津液、気の通り道

東洋医学特有の考え方であり、 対応する(実在する)臓器は なく、津液と気の通路です。

上から上焦、中焦、下焦に分けられおり

「上焦」は(口から胃の入口)心肺の機能を含みます。

「中焦」は(胃の入口から出口)脾の機能を含 みます 。

「下焦」は(胃の出口から陰部)は、肝腎の機能を含みます 。

 

 

本場アメリカで学んだカイロプラクティック

をベースにした整体

自律神経失調症・頭痛・肩コリ・腰

JR千葉駅から徒歩1分!

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

043-287-4486

千葉県千葉市中央区弁天2-1-1

秋葉ビル1F

シリーズ 「東洋医学」⑦

2018.02.22

こんにちは!

千葉駅「徒歩1分」

セドナ整骨院・鍼灸院の院長:出口です。

 

前回までに「五臓六腑」の五臓の話をさせて頂きました。覚えていますか?
まずは各臓器の代表的な働き復習です!

 

1、肝・・・疏泄(そせつ)をつかさどり、血を貯蔵し全身に送る血流量を調節する働きがあります。

2、心・・・血脈、神をつかさどるとされる臓器。

3、脾・・・運化、昇清をつかさどる。

4、肺・・・宣発、粛降、気(全身・臓器)をつかさどる。

5、腎・・・水を主り、精を貯蔵する。

そして今日からは 六腑について取り上げていきましょう!
「六腑」とは 「消化吸収・排泄」に関係するものが集まっています。

胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦(「さんしょう」と読みます)の6つを指し、五臓と憑依の関係性を持っています。
今日はその1つ1つの働きを解説していきましょう!

 

 

6、胆・・・胆汁を貯蔵し、排泄する。

胆の働きは胆汁を貯蔵して、必要に応じて排出し、胃の消化機能をサポートします。

胆は脾と胃の消化機能を正常に進行させる重要な臓器であり

肝の流通と排泄機能が正常な時は胆汁の排泄もうまくいき

脾胃の運化機能(飲食物から得られた精微を全身に運ぶ)も旺盛となります。

(胆汁は肝の精気から変化してでき、胆の中にあって小腸に排泄され、消化を助けます)

胆汁が上へ逆流すれば口が苦くなり黄緑の水を吐き、外に流れれば黄疸が出ます。

また「奇恒の腑」(五臓六腑とは別の、人体の臓器の概念)にも属しており、 表裏の関係 には「肝」がある。

 

 

7、小腸・・・食べ物を栄養素と不要なものに分ける

胃で初期消化された飲食物を、栄養素と不要物(残渣)に分け大腸に送ります 。

栄養分は脾に送り、不要な水分は膀胱に、固形なものは大腸に送ります。

小腸と心は表裏の関係であり、経脈によって相互に結ばれいます。

心に熱がある時はくだって小腸に至り、尿が濃い黄色になったり、排尿時に尿道に激痛が走ることがあります。

 

本場アメリカで学んだカイロプラクティック

をベースにした整体

自律神経失調症・頭痛・肩コリ・腰

JR千葉駅から徒歩1分!

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

043-287-4486

千葉県千葉市中央区弁天2-1-1

秋葉ビル1F

シリーズ 「東洋医学」⑥

2018.02.18

こんにちは!

 

千葉駅「徒歩1分」

 

セドナ整骨院・鍼灸院の院長:出口です。

 

前回の復習です(各臓器の代表的な働きです)

 

1、肝・・・疏泄(そせつ)をつかさどり、血を貯蔵し全身に送る血流量を調節する臓器

 

2、心・・・ 精神や意識、思考をコントロールするされ 五臓六腑を統率している臓器

 

3、脾・・・運化、昇清をつかさどり、消化吸収・全身の血液の機能を統率している臓器

 

でしたね。

 

今日は残り二つ「肺」と「腎」の働きについてみていきましょう。

 

 

4、肺・・・宣発、粛降、気(全身・臓器)をつかさどる。

 

呼吸と全身および五臓の機能(気)を支配しています。

気や津液をからだの上部に持ち上げる(宣発機能)、反対に下に押し下げる機能(粛降機能)を有して体内の水分代謝に関係しています。

 

肺は声・音と関係が深く、皮膚と体毛を支配しており、バランスが崩れると「鼻」に病変が現れてきます。

 

また六腑の「大腸」とは表裏一体の関係があり、大腸は小腸から移行してきた飲食物の残渣を体外に排泄する機能を有します。

 

5、腎・・・水を主り、精を貯蔵する。

 

腎は生殖と成長発育の為の精力を貯蔵し、必要に応じて全身に供給します。

(体内のあらゆる陽気の根本で、性機能と生殖能力の根本です)

また水分代謝(貯蔵)排泄といった代謝機能を調節します。

 

腎は骨、骨髄、脳を支配し、呼吸運動と関係が深い。

バランスが崩れると毛髪および、耳、泌尿生殖器、排便に病変が表れてきます。

 

また六腑では腎と「膀胱」は表裏一体の関係があり

膀胱の主なはたらきは、尿の貯蔵と排泄です。

本場アメリカで学んだカイロプラクティック

をベースにした整体

自律神経失調症・頭痛・肩コリ・腰痛

JR千葉駅から徒歩1分!

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

043-287-4486

千葉県千葉市中央区弁天2-1-1

秋葉ビル1F

シリーズ 「東洋医学」⑤

2018.02.15

こんにちは!

千葉駅「徒歩1分」

セドナ整骨院・鍼灸院の院長:出口です。

 

前回は五臓六腑について少しお話をさせて頂きました。今日も復習からです!!

 

【五臓とは】
肝・心・脾・肺・腎の5つのことをいいます。
胃や腸で吸収した栄養素(水穀の精微)を材料として気・血・津液を作り出し、貯蔵し生命維持活動を行うのが五臓の大まかな働きです。
今日はこのうち「肝」「心」「脾」の3つをより詳しくご紹介します。
※イラストは西洋医学の臓器になります
1、肝・・・疏泄(そせつ)をつかさどり
血を貯蔵し全身に送る血流量を調節する働きがあります。
また筋腱を支配し、全身の気を制御し 集中力を支配しています
生理学的には「疏泄」(代謝、解毒、排泄など流れをよくすること)
をおこなう( 胆汁を貯蔵する働きもある)
また、感情を安定させる働きを持つとされ
肝のバランスが崩れると「目」と「爪」に病変があらわれるとされています
六腑では「胆」と表裏一体の関係があります
2、心・・・血脈、神をつかさどるとされる臓器。
全身に張り巡らされた血脈(血管)を通じて、血液を送るポンプ的な働きをします。
(西洋医学的な心臓と同様の作用)
また、神を内に持ち、精神や意識、思考をコントロールするされ 五臓六腑を統率している臓器でもあります。
心のバランスが崩れると「顔面」と「舌」に病変があらわれるとされています
六腑では「小腸」と表裏一体の関係があります
3、脾・・・運化、昇清をつかさどる。
胃の消化吸収のはたらきを助け初期的消化を行う。
吸収した栄養分を全身に供給し、水分の吸収と輸送を行う。(運化機能)
内臓などを持ち上げる機能があり、 全身の血液の機能を統率する 。(昇清機能)
脾は四肢と筋肉を支配しており、バランスが崩れると「唇」に病変があらわれるとされています
六腑では「胃」と表裏一体の関係があります
次回は五臓の残り「肺」と「腎」についてお話ししていきましょう。

本場アメリカで学んだカイロプラクティック

をベースにした整体

自律神経失調症・頭痛・肩コリ・腰痛

JR千葉駅から徒歩1分!

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

043-287-4486

千葉県千葉市中央区弁天2-1-1

秋葉ビル1F

シリーズ 「東洋医学」④

2018.02.11

こんにちは!

千葉駅「徒歩1分」

セドナ整骨院・鍼灸院の院長:出口です。

 

前回は 五行説 の 「相生・相克関係」 についてと「五臓六腑」についてお話しさせて頂きました!
すこし復習です!

 

五行説では臓器も五行に配当するんでしたね!
木は「肝」、火は「心」、土は「脾」、金は「肺」、水は「腎」 これが「臓」の部分です
木は「胆」、火は「小腸」、土は「胃」、金は「大腸」、水は「膀胱」 そして「三焦」の六つが「腑」となります。

ではこの「五臓六腑」はどんな働きをしているのでしょうか?

 

「六腑とは?」

簡単に説明しますと、 六腑は「消化吸収・排泄」に関係するものが集まっています。

 

まず順序として口から物を食べて「胃」に入り消化されます

西洋医学的にはここで消化(分解)されるのですが、東洋医学的な思想では
体に必要な栄養素(水穀の精微)と不要な成分(糟粕)に分けるとされています

必要な栄養素(水穀の精微)は、そのあと「胆」の機能でより細かく分解され吸収しやすくなります

その後、「小腸」で栄養素は吸収され、残った成分は固形のものは「大腸」、液体のものは「膀胱」を通じてからだの外へ排泄されます。

 

最後に残った「三焦」ですが、、、ここの働きと考え方はまた今度詳しくお話ししていきますが

三焦とは特定の臓器を表すものではなくて、体の上側から「上焦・中焦・下焦」との3つエリアに分ける考え方をいいます。

三焦の内部は西洋医学で言う「リンパや体液」これは東洋医学に置き換えると「津液」と呼ばれ三焦はその巡りを主っています。

 

「五臓とは?」

次に五臓の説明に移ります、六腑の胃や腸で吸収した栄養素(水穀の精微)を材料として
気・血・津液を作り出し、貯蔵し生命維持活動を行うのが五臓の大まかな働きです。

 

 

各臓器には、肝気、心気、脾気、肺気、腎気と呼ばれる各臓器にの気があります、この気のはたらきによって、臓器はそれぞれの役目の機能を発揮しています。

 

東洋の肝は西洋の肝臓に、東洋の腎は西洋の腎臓にかかわっていますが

東洋医学では西洋医学の臓器分類とはちょっと違う範囲や\考え方を持っています。

 

例えば「心」が強くなる(実する)と、その影響は図からわかるように「肺」に出ます。
ですから、「肺」の調子が悪くなったとき東洋医学では肺そのものだけを見るのではなく、そこに関係する「心」の様子を見ます。

そして、「心」が実になりすぎないような処置をすると同時に、「心」に影響を与える「肝」の働きを強めるのです。
こうして、悪い部分だけをピンポイントで見ていくのではなく、体全体のバランスを整えるという視点で治療していくのが東洋医学の方法なのです。

 

本場アメリカで学んだカイロプラクティック

をベースにした整体

自律神経失調症・頭痛・肩コリ・腰痛

JR千葉駅から徒歩1分!

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

043-287-4486

千葉県千葉市中央区弁天2-1-1

秋葉ビル1F

シリーズ 「東洋医学」③

2018.02.08

こんにちは!

千葉駅「徒歩1分」

セドナ整骨院・鍼灸院の院長:出口です。

 

前回は東洋医学の基礎概念でもあります「五行説」その中でも (相生関係)についてお話しさせて頂きました。

少し前回を含めて復習です。

性質・タイプによって東洋医学では「木、火、土、金、水」の5つに分類します
これが「五行説」です

 

この「木、火、土、金、水」は互いに「補いあう関係(相生関係)」と言います。
「木は火を起こし」→「火は灰から土になり」→「土は固まって金となり」→「金には水が寄り」→「水で木が育つ」
という全ては影響し合い回っている。という考えです。

これとは逆に互いに反発しあう関係を「相克」といいます。
「木は(道具となり)土を耕す」
「土は水をせき止める」
「水は火を消すことができ」
「火は金を溶かす」
「金は(道具となって)木を切り倒す」という相生とは逆の関係があります。
※下の図をご覧になってください。

そしてこの5つの分類は、私たちの体にも当てはまるとされています。
皆さん「五臓六腑」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

そう、現代でも内臓の総称として使われていますよね。
この五臓六腑は五行説に配当できるのです。
五行説では
木は「肝」、火は「心」、土は「脾」、金は「肺」、水は「腎」とされています。これが「臓」の部分です
そして、木は「胆」、火は「小腸」、土は「胃」、金は「大腸」、水は「膀胱」 の五つが「腑」となります。

五臓六腑については次回詳しくお話していきましょう!

 

本場アメリカで学んだカイロプラクティック

をベースにした整体

自律神経失調症・頭痛・肩コリ・腰痛

JR千葉駅から徒歩1分!

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

043-287-4486

千葉県千葉市中央区弁天2-1-1

秋葉ビル1F

シリーズ 「東洋医学」②

2018.02.01

こんにちは!

千葉駅「徒歩1分」

セドナ整骨院・鍼灸院の院長:出口です。

 

 

前回は東洋医学の考えについて少し触れました。
覚えていますか?東洋医学は、特定の何処が悪い。

という学問ではなく、体全体トータルの「バランス」で身体を見ていきます。


この東洋医学でいうバランスという考え方の概念は、大きく分けて二つあります。

一つ目は「陰・陽」といってこの世の中の物は「陰」と「陽」の二つの性質のものに分類できるという考え方です。
(太陽・月、男・女、光・陰、+・-、裏・表など)

例えば、私たちは基本的には昼間は「陽」の気が強くなり、夜になると「陰」の気が強くなります。
つまり昼は活動的に動いて、夜は休むような通常のサイクルになっています。
しかし、何らかしらの原因でバランスが崩れ、夜になっても「陽」の気が強い状態が続いていく事で例えば「不眠症」に代表される睡眠障害を引き起こしたり、本来休むべき所で休めない。と言った慢性疲労症候群に似た状態になってしまいます。

 

そして二つ目に大切なのが「虚と実」
「虚」とはマイナス・低下している状態を意味し、「実」とはプラス・向上している状態を表わします。
両者のバランスがとれている状態が「健康」と定義づけられる状態なのですが、

例えば、あなたは今、肩こりからひどい頭痛や顔の火照りになっています。この状態は東洋医学的には「実」の状態であることをさします。
逆に足元が冷え、軽い痺れを覚える。下腹部に痛みがあるなどの状態を東洋医学的には「虚」と言います。

 

こういった症状の時こそ、鍼灸治療に代表される東洋医学の腕の見せ所です。


上半身に上ってしまった「実」を下に下げ、下半身の「虚」を上に上げるようにコントロールする事が可能です。
これにより、身体の内部のバランスが取れより身体が回復しやすい状態になっていくのです。

 

本場アメリカで学んだカイロプラクティック

をベースにした整体

自律神経失調症・頭痛・肩コリ・腰痛

JR千葉駅から徒歩1分!

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

043-287-4486

千葉県千葉市中央区弁天2-1-1

秋葉ビル1F

シリーズ 「東洋医学」①

2018.01.21

こんにちは!

千葉駅「徒歩1分」

セドナ整骨院・鍼灸院の院長:出口です。

今回から新シリーズ

「東洋医学」についてお話ししていきます。

 

セドナ整骨院の鍼灸治療の基礎になっているのは

ズバリ「東洋医学」と呼ばれる学問です。

よく耳にする東洋医学と西洋医学。いったい何が違うのでしょうか?
簡単に言うとこの二つは全く違った観点から体を見て・アプローチをしていく医学です。


「西洋医学」では手術・投薬を代表とする「局所治療」が主になります。

風邪などの症状から一刻を争う救急救命や命にかかわる難病など、病院では西洋医学が得意とする治療が施され

日々多くの命が助かっています。

 

「東洋医学」では、本来、私たちの体は勝手にバランスが取れているものである為、

治すというよりも元に戻すという考えが適切となります。
しかしそのバランスが崩れるとさまざまな病気になると考えているのが東洋医学です。

「局所<全身」という考えです

 

東洋医学で「バランス」を示す概念は、大きく分けて二つあります。

 

「陰・陽」
なんとなくイメージがつくかもしれません。
太陽と月、男性と女性、光と陰、+と-、裏と表など、万物は対極にある二つの概念で支えられているという考えです。
そしてそれは、体にも応用されています。

両極の力・バランスが崩れた時(もしくはその前)に、病気が起きるという考え方です。


「虚と実」
そしてもう一つの大切な考えとして、東洋医学には「虚・実」という考え方があります。
これは陰と陽の状態が「プラスなのか?」「それともマイナスなのか?」、その状況を表わすのにを用いる考えです。

「虚」とはマイナス・低下している状態を意味し、「実」とはプラス・向上している状態を表わします。
この二つは陰陽と同じで、どちらが良くどちらが悪い。というものではありません。
両者のバランスがとれている状態が初めて健康と言える状態なのです。


このように東洋医学では、どちらが悪いではなく、どちらも関係があり、バランスがとれている事を正常とします。

次回は「陰・陽」「虚と実」についてより実践的な考えをご紹介していきます!

 

本場アメリカで学んだカイロプラクティック

をベースにした整体

自律神経失調症・頭痛・肩コリ・腰痛

JR千葉駅から徒歩1分!

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

043-287-4486

千葉県千葉市中央区弁天2-1-1

秋葉ビル1F

アクセス情報

所在地

〒260-0045
千葉市中央区弁天2-1-1 秋葉ビル1F

休診日

水曜・祝日