ホーム > Blog記事一覧 > アロマテラピーと嗅覚の記事一覧

アロマテラピーと嗅覚③

2018.01.20

こんにちは!

 

セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

 

 

今回から2回に分けて、「におい」が「嗅覚」からどうやって「脳」に伝わって行くのか

詳しくご紹介いたします。

まずは「嗅覚」はどうやって匂いをキャッチし、知覚しているのかをお伝えします。

 

ヒトを含めた哺乳動物において嗅覚の受容は、鼻の奥にある嗅覚器(嗅覚受容器)

行われます。

私達の鼻の奥には、鼻腔とよばれる空間が広がっていますが、その天井の部分に、

匂いを感知するための器官、嗅覚器が存在します。

 

この部分の上皮には、嗅細胞(嗅覚細胞、嗅覚受容細胞)という細胞が存在し、

この細胞表面にある微絨毛と呼ばれる、細い毛のような構造(嗅毛)が鼻腔内部に

向かって突出しています。

この嗅毛には匂いの分子の受容体(センサー)が並んでいます。

受容体は匂いの分子の立体構造を判断する為にポケットのような構造をしています。

鍵と鍵穴をイメージして頂くとわかりやすいのですが、匂い分子が、その分子と同じ形の

凹みを持った受容体にはまると、嗅覚細胞内で反応が起こります

 

 

匂い分子(鍵)は約40万種類あると言われているのですが、人間が知覚できる匂いの

種類は数千から一万種類だと言われています。

しかし、匂いの受容体(鍵穴)は数百種類程度しかありません

鍵と鍵穴は1対1ではなく、鍵穴の方が少し大雑把にできていて、似たような形の鍵なら

開いてしまう、という構造なのです。

もちろん、似ていない香りを同じ受容体が受け入れてしまうことはありません。

私達が「この匂いは、(まったく別の)あの香りに似ている」と感じる物の中には、

匂いの分子に同じものが含まれている場合だけではなく、この匂いの分子同士が似ている

だけで、同じ成分が含まれていない場合もあるのです。

 

また、この部分の細胞膜には、嗅覚受容体と呼ばれる膜タンパク質が存在しており、

ここに匂い物質が結合することで、嗅細胞は活性化されます。

 

 

嗅細胞は、鼻腔の天蓋部分の上に隣接した、嗅球(きゅうきゅう)とよばれる脳から

突出した器官に連結しています

匂い物質によって活性化された嗅細胞は、嗅球内部にある、嗅覚を伝達するための

神経細胞(嗅神経)に信号を伝え、それが最終的に嗅覚中枢に到達することで、

ヒトは「匂い」を感じるのです。

 

 

次回は「嗅覚」が「嗅球」に届いた先、「脳」における匂いの伝わり方をご紹介いたします。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

本場アメリカで学んだカイロプラクティック

をベースにした整体

自律神経失調症・頭痛・肩コリ・腰

JR千葉駅から徒歩1分!

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

043-287-4486

千葉県千葉市中央区弁天2-1-1

秋葉ビル1F

 

 

アロマテラピーと嗅覚②

2018.01.16

こんにちは!

セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

 

前回から「嗅覚」に関してご紹介しています。

今回は、「嗅覚」と「記憶」に関して、詳しくご紹介いたします。

 

皆様は「プルースト効果」という言葉をご存知でしょうか。

 

「プルースト効果」とは、嗅覚や味覚から過去の記憶が呼び起こされる心理現象のこと

を言います。

例えば、ラベンダーの香りを嗅いで、北海道のラベンダー畑に旅行に行った時の

景色(情景)を思い出す、といった現象です。

 

フランスの文豪「マルセル・プルースト」の小説『失われたときを求めて』で有名に

なった現象なので著者名が現象の名前の由来になっています。

その小説の中で、主人公が紅茶にマドレーヌを浸したときに、その香りを嗅いで幼少期の

記憶がよみがえるシーンがあり、その描写が元となっています。

 

 

この不思議な現象はフィクションの世界だけのものではなく、近年、科学の力によって

解明されてきています。

昨年2017年にも大阪産業大学と花王株式会社の共同研究による論文が発表され、心理学、

アロマテラピーの両業界で話題になりました。

 

いまだに謎が多い脳のメカニズムですが、「におい」から思い出される記憶は

他の感覚器からの刺激よりも情動的な反応を引き起こす、ということも分かってきています。

嗅覚によって想起される記憶がより情動的であり、また他の感覚器によって想起される

いかなる記憶よりも正確である、という結果も明らかにされています。

 

前回ご紹介したように、五感の中で嗅覚だけは「大脳辺縁系」と直接つながっています。

この「大脳辺縁系」に含まれる「扁桃」への直接的な関係が、匂いの情動的想起力を

説明する上でおそらく大きな手がかりになる、と言われています。

個人的に、解明されるのが非常に楽しみな分野です。

 

また、この「プルースト効果」を利用して、勉強などの学習効果を高める実験なども

行われています。

勉強する際に特定の香りを嗅いでいる状態を保ち、数週間後のテストの時に、香りを

焚かないグループと、香りを焚くグループとに分けて点数の平均を比較したところ、

正答率が前者は75%、後者は83%だったという実験結果も残されています。

是非、日常生活の中でも、「におい」と「記憶」の関係を上手に使ってみては

いかがでしょうか。

 

「におい」と「記憶」の関係性をご紹介しましたので、次回は「におい」が「嗅覚」から

どうやって「脳」に伝わって行くのか、をご紹介いたします。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

本場アメリカで学んだカイロプラクティック

をベースにした整体

自律神経失調症・頭痛・肩コリ・腰

JR千葉駅から徒歩1分!

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

043-287-4486

千葉県千葉市中央区弁天2-1-1

秋葉ビル1F

 

 

アロマテラピーと嗅覚①

2018.01.13

こんにちは!

 

セドナ整骨院・鍼灸院のアロマセラピスト、前田です。

 

 

前回まで5回にわたり、冬にお勧めのアロマテラピーをご紹介して参りました。

今回からはアロマテラピーの基本に戻り、アロマテラピーにおいて最も大切な

「嗅覚」について、改めてご紹介していきます。

 

人間を含め、すべての動物にとって「嗅覚」は、生命を維持するうえで非常に

大事な感覚です。

実は「嗅覚」は哺乳類だけでなく、魚類、両生類、鳥類にも備わっています。

異臭を識別して腐っているもの、毒が含まれているものを避けるのも嗅覚です。

また、ホルモンを嗅いで敵味方の判別をして威嚇・攻撃行動を取ることや、

異性を識別して求愛行動をするのも嗅覚が関係しています。

もちろんいい香りを嗅いで精神を落ち着かせる、逆に集中力を高めるのも

嗅覚があるからこそできる事です。

 

そもそも、「嗅覚」は「五感」の一つです。

「視覚」「聴覚」「味覚」「触覚」そして「嗅覚」の5つを「五感」といいます。

 

 

「嗅覚」は、五感の中で唯一「大脳新皮質」を経由しないことでも知られています。

「嗅覚」だけは、他の五感と違って「大脳辺縁系」(海馬・扁桃(へんとう)体など)と

直接つながっているのです。

これは、喜怒哀楽などの感情や、食欲などの本能行動などをつかさどる部分です。

つまり言い換えれば、「におい」は本能的な行動や感情に直接作用する、ということです。

 

また、「におい」の記憶は、視覚的な記憶に比べて忘れにくいというデータもあります。

 

 

 

「視覚」・「嗅覚」を比較対象として、それぞれの刺激における助成想起率

(何かきっかけになる映像やマークを見る・香りを嗅ぐ行為をした際、

エピソード記憶や情報を思い出せる確率)と把握期間との関係を調べた実験では、

視覚的記憶が短期間で急速に低下したのに対し、「におい」の記憶は1年たっても

ほとんど変わらなかった、というデータが数多く残されています。

 

特に喜怒哀楽など、感情に結びついた記憶は、「におい」によって思い出せる記憶の量が

多いとも言われています。

今後「ずっと忘れたくない」と思う出来事があれば、「におい」をきっかけにして

覚えておくとよいかもしれません。

 

 

次回は「嗅覚」と「記憶」に関して、詳しくご紹介いたします。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

本場アメリカで学んだカイロプラクティック

をベースにした整体

自律神経失調症・頭痛・肩コリ・腰

JR千葉駅から徒歩1分!

セドナ整骨院・鍼灸院 千葉駅前院

043-287-4486

千葉県千葉市中央区弁天2-1-1

秋葉ビル1F

 

アクセス情報

所在地

〒260-0045
千葉市中央区弁天2-1-1 秋葉ビル1F

休診日

水曜・祝日